ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ
  2. 市場のしくみ
  3. 野菜や魚、肉、花が届くまで
  4. 水産物が消費者の皆さまに届くまで

水産物が消費者の皆さまに届くまで

漁獲

黒潮を回遊するマグロの延縄(はえなわ)漁は豪快そのもの。重さ約160kgもあるクロマグロが漁獲されました。
※黒潮:フィリピンの東方から沖縄の西を北上し、西南日本南岸沿いを東へ流れる強い海流のこと。
※延縄(はえなわ):1本の長い縄にたくさんのつり糸たらす漁法。その他の漁法として「一本釣り」「まき網」等があります。

アイコン

水揚げ

捕獲された魚介類は鮮度を保つため急速に冷却・冷凍され港に水揚げされます。
こうして水揚げされた水産物の多くは東京の市場へ出荷されます。

アイコン

市場へ並ぶ

はるか遠洋で獲れた魚介類が、大型トラックや保冷車、冷凍車によって全国各地から大量に到着します。
到着した品物は卸売業者が受け取り、卸売場に並べられます。

アイコン

せり

水産物のせりは朝5時頃から開始されます。卸売業者のせり人の呼びかけに応じて仲卸業者などの買い手が指で値段を示していき、一番高い値段をつけた人がその品物を買うことができます。

アイコン

仲卸から小売店へ販売

仲卸業者は、せりなどで買った魚介類を市場内にある自分たちの店に運び、まちの魚屋さんや寿司屋さんなどに販売します。

アイコン

小売店への輸送

魚屋さんなどの買出人は、仲卸業者から買った品物をトラックに積んで自分のお店に運び、買いやすい大きさや量にして販売します。

アイコン

店頭での販売

このようにして、まちの魚屋さんやお寿司屋さんに新鮮な魚介類が届けられ、皆さんの食生活を豊かにしています。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。