ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ
  2. 各市場のご紹介
  3. 淀橋市場のご紹介

淀橋市場のご紹介

淀橋市場とは

淀橋市場全景

淀橋市場全景

関東大震災以降、人口が急増した東京市の周辺区部や郡部の青果物供給拠点として、既設の民設13市場を統合し、昭和14(1939)年に淀橋区役所の隣に開設された青果市場です。

淀橋市場の歴史

【淀橋】という地名

江戸時代淀橋は「姿見ずの橋」と呼ばれた

江戸時代淀橋は「姿見ずの橋」と呼ばれた

新宿中央公園の中にある十二社熊野権現を勧請した中野長者鈴木九郎の伝説が残る淀橋は、昔「姿見ずの橋」と呼ばれていました。「淀橋」の名の由来は、「川の流れが緩やかでよどんで見えたから」という説など諸説あります。現在でも、淀橋市場、新宿区淀橋第四小学校・幼稚園、淀橋教会が、この地名を名乗っています。

淀橋町の誕生から東京市編入まで

明治22年施行の町村制によって、柏木村、角筈村などが合併、南豊島郡淀橋町が誕生しました。淀橋市場のある柏木の地には、大町桂月、内村鑑三、大杉栄、西條八十らが住んでいました。淀橋町は、昭和7年には東京市に編入され、淀橋区となりました。

淀橋分場の開場

現在の場内

現在の場内

築地本場・神田分場・江東分場だけでは既存の民営食品市場を収容できないので、東京市は新たに4つの分場を作る第二次分場建設計画を策定(昭和7年)。これに基づき、昭和14年に淀橋分場が開場しました。

淀橋市場の礎を築いた人

井荻村(杉並区)の青年村長として数々の偉業を遺した内田秀五郎氏。都市計画史に残る先駆的な土地区画整理事業は有名です。また、農業振興のため青果市場開設に尽力したことも業績の一つです。淀橋分場の開場とともに新たに東京新宿青果株式会社を設立、戦後は東京都議会議長としても活躍されました。その銅像は善福寺公園にあります。淀橋市場内にも胸像が建立されています。

ページの先頭に戻る

淀橋市場の特徴

~ターレを見かけないのはなぜ?~

1日平均700-1,000トンの野菜・果物が行きかう淀橋市場。青果市場としては大田、築地に次ぐ取扱量ですが、敷地面積は約2.4ヘクタールと狭く、卸売場棟も3階建て。築地などの卸売市場でおなじみのターレットトラック(通称ターレ)はほとんどなく、電動アシスト荷車(通称マイティーカー)が活躍しています。
※場内が狭く混雑するため、午前中の見学はお断りしています。見学は午後から。

ページの先頭に戻る

淀橋市場のトピックス

毎月第3金曜日は~淀橋市場の日(通称「イチバの日」)~

淀橋市場の日参加店

淀橋市場の日が、2月から≪毎月第3金曜日≫となりました。目印ののぼりも「淀橋市場直送!!」に心機一転!淀橋市場が全力で旬の美味しい食材を集め、のぼりのある八百屋さんから皆さまにお届けします。イチバ直送の新鮮な味覚をお楽しみに!

【淀橋市場活性化の取組み】をごらんください

淀橋市場協会活性化委員会キャラクター ナナくん・モモちゃん<br />cNazuna Tamai

淀橋市場協会活性化委員会キャラクター ナナくん・モモちゃん
© Nazuna Tamai

ページの先頭に戻る

概要

淀橋市場マップ

  • 所在地
    新宿区北新宿四丁目2番1号
  • 電話
    (3363)1428~9
    FAX(3362)6719
  • 業務開始年月日
    昭和14年2月16日
  • 取扱品目
    青果物
  • 取扱数量(金額)
    青果:881t(210百万円)
    ※ 平成26年1日当り
  • 敷地面積(建物面積)
    23583平方メートル(40067平方メートル)
  • 交通アクセス
    • JR大久保駅下車 徒歩6分
    • JR新大久保駅下車 徒歩12分
  • 場内配置図

淀橋市場場内配置図
淀橋市場場内配置図

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。