ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

江戸川区北葛西「魚源」

お刺身が主体の品揃え。
クチコミでお客様が増える人気のお店。

お客様に合わせて「午後から開店」

都営地下鉄新宿線・船堀駅から南に歩いて10分弱。棒茅場(ぼうしば)通り沿いに「魚源」はある。戦中、昭和10年代後半に先代がこの地にお店を構えて以来、約70年。2代にわたって地域の方々に食を提供している鮮魚店だ。
ご主人の関口重信さんにお話をうかがう。
「いまは比較的若い女性や男性に来ていただくケースも多いですね」
周りが新興住宅地ということもあり、大型スーパーがいくつも建てられ、お年を召したお客様は、一箇所で肉も野菜も魚も揃うこともあって、駐車場のあるそちらの大型店へクルマで行くのが多くなるようなのだ。
「それに、ご結婚されても夫婦で働くことも多いせいか、勤務先から家に帰る途中に寄ってもらう感じのお客様が多くて、お昼前の時間帯はお客様があまり来店しなくなってしまった。それで、お昼すぎからお店を開くようにしたのです」

鮮魚店には珍しく、お昼すぎからの開店となる

鮮魚店には珍しく、お昼すぎからの開店となる

お刺身を中心に、すぐに食べやすいものを提供

「これも夫婦共働きの家庭が多いせいでしょうか、家に帰ったらすぐにたべることができる、お刺身が人気なんです。築地市場からの仕入れも、刺身にするものが主体になりますね」
ショーケースに並ぶお刺身の数々は、ご主人が納得できる品質のものだけ。そして常に同じレベルの品揃えができるのは、築地市場の品揃えのおかげだという。
「お客様に、あの魚を入れて、といわれて、揃いませんでしたじゃあダメですよね。今日は海が時化ていたから多少は高いけれど、品は揃いましたよって言える。そういうところが、築地市場から仕入れている強みだと思います」
もちろん、刺身ばかりでなく、ほかのものも扱う。そしてそこにも、ご主人の気配りがある。
「たとえば、秋口ならアジ。三枚におろして、中骨や細かな骨も取ってお渡しするんです。それで、フライパンでオイル焼きにしたらかんたんに食べれるよって、調理の仕方も教えてさしあげる。お弁当に入れても美味しいし、食べたあとのお弁当箱が、骨が残らなくてきれいにしやすいでしょう?いまは会社にお弁当を持っていく人が増えているようだし、これはけっこう喜ばれますよ」
食べやすさへの配慮と、後片付けの手間への配慮だ。対面で、お客様の要望を聞くからこそできる気遣いであろうと思う。

ショーケースに並ぶお刺身の数々

ショーケースに並ぶお刺身の数々

お客様のクチコミこそ、何よりの宣伝

お店の前の通りは、15~6年前までは結構な数のお店が並ぶ商店街だったらしい。それがだんだん、閉めるのを余儀なくされる店が増えていくのを見てきた。ふたりいる息子さんたちにも、お店を継がせたいとは思わなかったと、ご主人は言う。
「なかなか、今の時代、鮮魚だけでやっていくのは難しいと思います。同じ組合の鮮魚店には、納め(学校や企業の食堂等に品物を納めること)しかやっていないところもありますよ。店を開いても売れないからですけどね」
「ただ、うちは嬉しいことに、リピーターのお客様が多いし、お客様がお客様を紹介してくれたりするんですよ。紹介されたお客様が、遠いのにクルマで15分もかけて来てくれたり、自転車で20分も走ってきてくれたり。そういう方々がいるから、まだやっていけているんだと思いますね」
ネットの世界でなくても、クチコミは最大の宣伝になることは昔から変わっていない。地域のお客様のことを考え、午後からの開店にして、お刺身など、お客様が食べやすいものを中心に商いをする。
「安心して食べてもらえるものだけを提供したいんですよ」
とご主人はいう。その誠実な人柄だからこそ、クチコミを呼ぶのだろう。

この日のオススメはシロイカ。これをお刺身にしてショーケースへ

この日のオススメはシロイカ。これをお刺身にしてショーケースへ

「安心して食べてもらいたい」とご主人

「安心して食べてもらいたい」とご主人

データ

魚源
〒134-0081 東京都江戸川区北葛西1-14-28【地図】
TEL:03-3687-3438 FAX:03-3687-3438
営業時間:12:00~20:00
休業日:日曜日、祝日

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。