ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

目黒区駒場「太田屋」

お肉の販売を通じて、地元の方々、そして被災地の方々も笑顔にするお店

初代は、肉好きが極まって、精肉店を開業

京王井の頭線、駒場東大前駅の西口を南側に出て、線路と並行に東へ5分ほど歩くと、太田屋さんが店を構えている。二代目ご主人の太田美雄さんにお話をうかがった。
「開業は昭和24年。私の生まれが昭和23年なので、お店と私はほぼ同い年です。父は貿易商をしていたのですが、肉が好きで、お肉屋さんを始めてしまったという話です。開業時は板前さんが6~7人いましたが、そのころ仕えていた板前さんが、まだひとり店にいます。もう80を越えていますが、元気でやってまして、頭が下がりますよ。
私は日大の農獣医学部を出た後、伊藤ハムの食肉技術学校へ入りまして、肉のおろし方からマーケティングまで4ヶ月ほどかけて学びました。私の父が伊藤ハムの創業者のある伊藤傳三さんと懇意にしてまして、私はその学校の1期生。残念なことにこの学校は平成7年に閉校したのですが、最後の卒業生の一人が、私の息子です。非常に深い縁を感じますね」

店頭に向かって左側は、お弁当・お惣菜の窓口だ

店頭に向かって左側は、お弁当・お惣菜の窓口だ

高校生や大学生に人気のお弁当が、お店の顔

初代のころは、東大前という駅と駒場という駅があったのだそうで、渋谷の駅からまっすぐに、東大の旧正門のあたりまで見渡せたのだそうだ。
「東大がすぐそばにありますので、学生さんがよくお弁当を買いにきます。実は、お弁当が自慢なんです。
近くに日本工業大学駒場高等学校がありますが、昔から食堂がなかったんです。それで、学校に弁当を納入するという話が持ち上がって、地元優先で業者を決めるというので、私のところともう一軒で引き受けることになりました。一時は一軒あたり300食くらい納品していましたけれど、いまは学校内にコンビニができたので、まずは100食少し持っていって、予約を取ってきてはすぐ調理して持っていく。けっこう人気があるので、うれしいですね」
また、地元の活性化には、食肉小売業者組合としても取り組んでいるという。
「若い人のアイディアを、どんどん取り入れていきたいのです。たとえばいま、PASMOで支払いができる機械を、目黒のお肉屋さんや商店街でも導入して、あれでお買い物ができるようになっています。このアイディアを立ち上げたのは、自由が丘の若い人たちでしてね。目黒区商店街振興組合連合会のほうでも応援してくれています。
他にも、目黒区商店街のマスコットキャラクター『スマにゃん』の着ぐるみを着てイベントでチラシを配ったりとか、いろいろ頑張ってくれているんですよ」

ご主人の左にいるのが、先代から仕える井口さん、なんと82歳、お若い!

ご主人の左にいるのが、先代から仕える井口さん、なんと82歳、お若い!

茨城と目黒を結ぶ「ローズポーク」

食肉市場を通した商品を販売することについて、また、対面販売することのよさについてもうかがった。
「ウチは小売が主なので、お客さまと対面で販売することが基本です。食肉市場を通した商品は、素性がはっきりしていますから、お客さまが最近気にするようになったお肉の産地についても、きちんと口頭でご説明できることがいい点のひとつですね。
一方で、組合の目黒支部は、茨城県と産直事業を始めて、もう35~6年。特に茨城の銘柄豚『ローズポーク』の産直販売を、東京23区の中で目黒だけ始めまして、もう15年ほどです。月に2回、第2・4金曜日に、直接仕入れて販売するのですが、これがとてもおいしい肉で、この肉を目当てに来店する奥さんもいますよ。いまは年に一回、産地見学会というのを開くんです。大型バス2台で茨城まで行って、生産現場は見ることはできませんが、枝肉を見学したり、バーベキューをしたりしています。この取り組みは、目黒区も応援してくれていて、区の広報で参加者を募集して行っています。震災以降、茨城県は風評被害がひどかったので、この活動が、被災地支援の一助になればとも思います。この秋には、『食べて応援しよう、茨城フェア』というイベントも計画しています。こちらは精肉だけでなく青果も入って、盛大にやる予定です」
地域交流、地元活性化と、大忙しのご主人だ。

茨城の「ローズポーク」は、人気の商品(本文参照)

茨城の「ローズポーク」は、人気の商品
(本文参照)

「お肉を通じた地域交流や、地元の活性化にも取り組んでいます」とご主人

「お肉を通じた地域交流や、地元の活性化にも取り組んでいます」とご主人

データ

太田屋
〒153-0041 東京都目黒区駒場1-27-11【地図】
TEL:03-3466-4329 FAX:03-3466-4320
営業時間:9:00~20:00
休業日:日・祝日

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。