ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ
  2. 専門小売店の魅力
  3. 野菜・果物のスペシャリスト
  4. 日本橋人形町「長庄(ながしょう)」

日本橋人形町「長庄(ながしょう)」

目利きの商売で、よろこんでもらう
お客様から頼りにされるお店

クルマでの引き売り(※)を始めて半世紀

地下鉄日比谷線人形町駅、甘酒横丁から少し入った細い通りに、長庄(ながしょう)はあった。ご主人の吉野一久さんにお話を伺う。
「高校を卒業してすぐこの商売を始めました。住まいは江戸川にあるのですが、そこからクルマに品物を積んでここまできて、引き売りでやっていました。この土地の方々に可愛がっていただいたので、じゃあ、ここでお店を構えようと。それが42~3年前です。当時このあたりは、呉服屋さんが全盛でした。花街ですからね。それがだんだんとお店を閉め、いまやビジネス街になってしまいました。大通りも、古くからある商店に並んで、ファストフード店が目立つようになりました」
街が変われば人が変わり、商売の仕方にも工夫が要る。
「大家族ではなくなって、ご家庭でたくさんの食事を作ることがなくなったので、大量に仕入れることはやめました。その代わり、品数は豊富に、そして他にはない、いい品を仕入れることにしています。少しでも便利に使ってもらえるように、近くであれば配達もします」

※引き売り:路上で移動しながら呼び込みをして販売すること。

豊富な品々がダイナミックに並べられた店頭

豊富な品々がダイナミックに並べられた店頭

「美味しいスイカが食べたい」に応えるお店

箱で買ってもらうことはなくなり、一つでも販売するようにしているというご主人。商品を扱う上で、心がけていることを伺ってみた。
「対面で買っていただいてよろこんでもらうことが身上ですから、品質が第一です。そこは、目利きですよね。今の季節なら、どこの産地の、どの品が、どんなカタチだから間違いないだろうとか、それには長年の経験と勘が要りますよ。例えば枝豆は、群馬の天狗印味緑(みりょく)というのを入れています。甘みも強くて美味しいけれど、少々お高い。でも、そういう品を仕入れて買っていただくんです。そうすると、美味しければ、また来てくれます。少し高かったけど『美味しかった、また食べたい』って。これがお値段を優先してしまうと『安かった』が消えて、『あまり美味しくなかった』が残ってしまう。これでは、もう来てくれませんよね」
美味しいものを扱っていれば、うれしいこともある。
「先日、美味しいスイカが食べたいのだけれど、とおっしゃって来店されたお客様がいました。以前にウチで買っていただいたものが美味しかったからと。
今年はスイカがとても高いんです。仕入れで例年の倍を越えることもある。そうすると、それに利を乗せて販売すると、普通では出せない値段です。お客様がびっくりする値段ですよ。いつもと同じ値段で出そうとすると、盛りを過ぎた産地のものを仕入れることになる。当然あまり美味しくなくなるんですね。でもそのお客様のために、一番いいものを仕入れました。ちょっと高いですが、この店に来れば、美味しいものがある。そうやって頼りにされたら断れませんよ。そのお客様には、半玉で買っていただきました。
今後も、そうして頼りにしてくれるお客様を、裏切らない商売をしていきたいですね」

赤皮甘栗南瓜、バターナッツ、奥には熊本の大長茄子と、珍しい野菜も並ぶ

赤皮甘栗南瓜、バターナッツ、奥には熊本の大長茄子と、珍しい野菜も並ぶ

今話題の皮も食べられる種無しぶどう「ナガノパープル」と「シャインマスカット」

今話題の皮も食べられる種無しぶどう「ナガノパープル」と「シャインマスカット」

品を見る目も引き継いでいく

市場を通した商品の良さを伺ってみた。
「安全性が高いこと、安心して買えることですね。今は市場一辺倒ではなくて、少しは産地から仕入れる商品もありますが、やはり、流通の要ですしね。ただ、市場はもっと良くなることができると思うんですよ。これは昔の話ですが、市場のセリ人は、季節に先駆けて産地を回ったりしてね、いい商品を市場に引き込んできたものですが、今は少なくなったような気がします。
夫婦でここまでやってきましたが、年もとってきたので、そろそろ土日休んだりしてゆっくりと商売していこうか、などと話をしていたら、他に勤めていた息子が、『オレ、やるよ』と言ってくれて。それが5年ほど前ですね。熱心に勉強するし、冷蔵装置なんかも導入して、がんばってくれているのでうれしく思います。跡継ぎがいなくて店をたたむところが多い中、幸せなことですよ」
長庄の目利きの商いは息子さんに引き継がれ、この街の食卓を支え続けていくのだ。

二代目の息子さんと並ぶご主人

二代目の息子さんと並ぶご主人

データ

長庄(ながしょう)
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-11-10【地図】
TEL:03-3667-2046 FAX:03-3667-2046
営業時間:10:00~20:00
休業日:日・祝日

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。