ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ
  2. 食肉市場・芝浦と場
  3. お肉の基礎知識
  4. 牛・豚の基礎知識 - 牛・豚の種類

牛・豚の基礎知識 - 牛・豚の種類

I 牛・豚の基礎知識

  1. 牛・豚の種類
  2. 牛・豚の出荷
  3. 部位別の名称
  4. 枝肉の格付
  5. 畜産副産物

全国各地からいろいろな牛や豚が集荷されてきますが、代表的な品種をご紹介します。
(写真提供(社)日本食肉協議会)

(1)牛の種類について

i 和牛

東京食肉市場に集荷される牛の中では、現在1番多い品種です。
和牛には、「黒毛和種(くろげわしゅ)」「褐毛(あかげ)和種」「無角(むかく)和種」「日本短角種(にほんたんかくしゅ)」などがあります。
その中でも東京食肉市場に集荷される和牛のほとんどは「黒毛和種」です。
「黒毛和種」は、日本の和牛の大部分を占める代表的な品種です。

黒毛和種

黒毛和種の写真

褐毛和種

褐毛和種の写真

無角和種

無角和種の写真

日本短角種

日本短角種の写真

ii 乳用牛

国内生産牛の過半数を占めるのが、ホルスタイン種です。
本来、雌牛は乳用牛として飼育されている品種ですが、雄牛は去勢して、肉用牛として肥育されます。

ホルスタイン種

ホルスタイン種の写真

iii 外国産肉専用種

主な品種としてアメリカやオーストラリアなどで生産されている「ヘレフォード」(原産地イギリス)「アバディーン・アンガス」(原産地イギリス)などがあります。

※日本では、北海道や東北の一部で飼育されています。

ヘレフォード

ヘレフォードの写真

アバディーン・アンガス

アバディーン・アンガスの写真

ページの先頭に戻る

(2)交雑種について

交雑とは、異なった品種を掛け合わせることです。
牛の交雑種とは和牛の雄(オス)と乳用牛の雌(メス)を掛け合わせて生まれた牛で、和牛特有の肉質の良さと、乳用牛特有の発育の良さを兼ね備えた牛です。

東京食肉市場における品種別取扱高(平成28年)

取扱頭数(頭)割合(%)取扱金額(百万円)割合(%)
和牛 79,157 60.1 96,342 74.6
交雑牛 35,996 27.3 29,157 22.6
乳用牛 16,495 12.5 3,623 2.8
合計 131,648 100.0 129,123 100.0

端数処理のため、合計数字とその内訳数字が一致しない場合がある。

(3)豚の種類について

日本で飼われている豚のほとんどは、「ランドレース種」(原産地デンマーク)「ハンプシャー種」(原産地アメリカ)「大ヨークシャー種」(原産地イギリス)「デュロック種」(原産地アメリカ)のいずれかを組み合わせた雑種です。
東京食肉市場に集荷される豚も同じく雑種です。掛け合わせることで、肉質のよさなど両親の優れた能力を引き継ぎます。
ただし、「黒豚」といわれるバークシャー種(イギリス)は、純粋種として飼われています。

ランドレース種

ランドレース種の写真

ハンプシャー種

ハンプシャー種の写真

大ヨークシャー種

大ヨークシャー種の写真

デュロック種

デュロック種の写真

バークシャー種

バークシャー種の写真

※東京食肉市場における品種別取扱高(平成28年)

取扱頭数(頭)取扱金額(百万円)
209,567 8,171

2 牛・豚の出荷へ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。